インプラント

インプラント治療

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。 固定性であるためガタついたりせず、白分の歯のように噛めるようになります。インプラント治療を行うことで、治療後の噛む機能が正しく改善されると思いま す。慣れるまでは多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。人が物を噛むときの力は、想像以上に大 きいものです。でも、丈夫なインプラント(人工歯根)なら、天然歯の歯根と同様に機能します。また歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同 じように作ることが可能です。

インプラント治療

症例

■入れ歯を入れている場合

術前

矢印

術中

矢印

術後

■奥歯が抜けている場合

術前

矢印

術中

矢印

術後

■前歯が抜けている場合

術前

矢印

術中

矢印

術後

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング
レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。 インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。十分な審査と綿密な治療計画を立てた上で、 患者さんに合わせた治療をすすめていきます。
2.インプラントを埋め込む
局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを挿入します。
このインプラントが 新しい歯の土台となります。
3.治療期間
インプラントと骨が結合し安定するまで約5~10週間待ちます。 (骨の状態など様々な条件によって期間が異なります)この間は、仮の義歯を使用することができます。
4.アバットメント連結
インプラントが完全に顎の骨と結合したら、アバットメントを連結します。 この状態で歯肉が治癒するまで、個人差はありますが、1~6週間待ちます。
5.歯の装着
インプラントのヘッドに医療用セメントを用いて、歯を装着します。これでインプラント治療は一応終了となります。 装着したインプラントを長持ちさせるためには治療終了後の定期的な検診とホームケアなどのアフターケアが大切になります。

アフターケアについて

アフターケアについて

インプラントを入れた後はのケアは、本物の歯と同様に日々の 正しいブラッシングと定期検診が非常に重要です。 定期検診は術後、まずインプラント治療後 1~2週間後に行い、ネジの締まり具合や歯茎の状態、噛み合わせなどを確認します。 その後、6週間後、半年後、1年後後、2年後と経過を診ていきます。