審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは

審美歯科とは、歯を白くするだけではなく、事故で欠損した歯を他の歯と変わりなく治療したり、目立ってしまう詰め物を目立たない詰め物にしたりと、総合的な歯の美しさを修復する治療のことを言います。
保険外治療が多いものの、治療後の満足感は格段にあがるはずです。

審美歯科の種類

ラミネートベニア
ラミネートベニアは、歯の表面を0.5ミリくらい削りその上に薄いセラミックを、付け爪のように張り付けてしまう方法です。適応症としては、歯が黒ずんで いたり、前歯にすき間が空いている場合です。このような場合にはホワイトニングでは、効果が期待できません。また、同時に歯の形を美しく変えられます。 2~3回の通院で仕上がります。
セラミッククラウン
オールセラミックスは、セラミック(陶材)製の単体のかぶせもののことです。これは、歯を約1~1.5mmほど削り、その上にセラミッククラウンをかぶせ ることで、歯並びやかみ合わせだけでなく、見た目も美しく変えます。つまり、短期間で美しい口元に変えたいという方に適した治療法と言えます。使用するセ ラミックは、天然歯と同じくらいか、それ以上の強度がある陶材なので、金属アレルギーの心配がありません。また、変色がなく透明感があります。
メタルボンド
金属で出来たクラウンに陶器を焼付けて作ります。最もポピュラーな歯の治療法です。セット後の満足度が高い治療法です。「メタルセラミック(メタルボンド)」で作る場合に使用される陶材てす。

審美歯科治療症例紹介

治療前

治療前

治療後

治療後

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングは、薬剤を歯の表面に塗布して歯を白くする方法です。適応症は、コーヒー、紅茶、赤ワインなどの色素が歯の表面から内部にまで沈着している場合です。
ホワイトニングには、医院で行うオフィスホワイトニングとお家で行うホームホワイトニングがあります。